ファイル、フォルダ名
テーマファイル|\xsp\nsf\themes|oneui.theme
CSS
やイメージ|\domino\java\xsp\theme\oneui

OneUI をアプリケーションに実装するひとつの方法は、oneui.theme の内容をそのままアプリケーションのテーマにコピーペーストして作成する方法です。
このテーマの中には、レイアウト、dojo、XPage 上の各コントロールのスタイルの使用とその場所を指し示す記述がされています。

二番目の方法は、サーバー上にある oneui.theme を拡張してこのアプリケーション内でテーマを記述する方法です。
その場合には句に extends を使って記述します。

<theme extends="oneui">


</theme>
 
上のコードでは、特に oneui v1.6 から拡張するものがないので、拡張する中身は記述していませんが、
OneUI 2.01 のものを使用したいのであれば、v1.6 から拡張して記述するとよいでしょう。

新規のテーマ設計をここでは「default」という名前にして作成し、下記のコードを記述します。


<theme extends="oneui">


<resource>
<content-type>text/css</content-type>
	<href>/.ibmxspres/domino/oneuiv2/base/core.css
	</href>
</resource>
	
<resource>
<content-type>text/css</content-type>
	<href>/.ibmxspres/domino/oneuiv2/defaultTheme/defaultTheme.css
	</href>
</resource>


</theme>
 

最初の resource 句ではコアとなる css を、2 つ目の resource 句では今回青色を基調とする「default」のテーマを使用することにします。
前出の OneUI v2 の格納されているフォルダを見ればわかりますが、その他の色(例えば、メタル、緑、赤など)にしたい場合は、それぞれのフォルダの
<色名>Theme.css (例: redTheme.css) を参照するようにするだけです。

テーマ設計の保存が終了したら、アプリケーションでこのテーマを使用するために、
「アプリケーションのプロパティ」の「XPage」タブで「アプリケーションのテーマ」オプションを今作成したテーマ「default」に設定し保存します。